会社概要

沿革

1946年
(昭和21年)
神戸市にて埴渕工業所を埴渕国雄が創業する。
市港湾局設備等の復旧工事を行う。
1949年
(昭和24年)
資本金100万円で埴渕鉄工株式会社を設立。
川崎重工(株)車両部門及び帝国酸素(株)等の各社と製缶・配管工事の協力会社となる。
1955年
(昭和30年)
三菱重工業(株)神戸造船所と取引開始、ボイラチューブ製品の組立を行う。
1957年
(昭和32年)
資本金300万円に増資
1961年
(昭和36年)
大型ボイラチューブ製品の工事量増大に対応するため明石市大久保町に明石工場建設(敷地12,500㎡ 工場面積1,672㎡)
1962年
(昭和37年)
資本金600万円に増資
明石工場増築(工場面積2,875㎡)
1963年
(昭和38年)
資本金1,000万円に増資
1964年
(昭和39年)
資本金2,000万円に増資
外国企業シーベルヘグナー社、スイスガウチ社、インターホンダ社、スイスビューラー社と製粉・食品機械の製造契約を結ぶ。
1966年
(昭和41年)
神戸製鋼所建設機械事業部取引開始、建設用移動式クレーンブームの製作を始める。
1969年
(昭和44年)
資本金3,000万円に増資
1971年
(昭和46年)
(株)日立造船(因島)と取引開始、ボイラ炉壁パネル納入
1972年
(昭和47年)
川崎重工業(株)の舶用ボイラの製作を始める。
1976年
(昭和51年)
(株)タクマとボイラチューブ工事の取引開始
1979年
(昭和54年)
石川島播磨重工業(株)(相生)とボイラチューブ工事の取引開始
1982年
(昭和57年)
明石市南二見人工島に新工場建設(敷地14,830㎡ 工場面積7,100㎡)
1988年
(昭和63年)
創業者である社長埴渕国雄病没
代表取締役に埴渕勇就任
1989年
(平成元年)
バブコック日立(株)とボイラチューブ工事の取付開始
1996年
(平成8年)
石川島汎用ボイラ(株)とボイラチューブ工事の取引開始
2000年
(平成12年)
バブコック日立エンジニアサービス(株)と取引開始
三菱重工業(株)と神戸造船と原子力品質協定締結
2002年
(平成14年)
代表取締役に樽本康紀就任
2015年
(平成27年)
KEMS(神戸環境マネジメントシステム) Step.2取得